​誰が掌中に踊ればいい

昭和2年、薫風吹きたる5月。

岨野 薫(その かおる)は大学へ入学して2年が経ち、

学生生活を謳歌していた。

そんな中、近隣にて、ある異様な事件が発生する。

薫の在籍する大学近隣、誰も立ち入らない雑木林にて、

首のない、詰襟を着用した死体が発見された。

詰襟の特徴から見て、おそらく、

あの大学生徒の誰かが殺されたのだろう。

警察はそう目星をつけ、事件は簡単に終息するだろう、と

死体そのものを判別する手がかりがないにも関わらず、

怠惰に希望的観測をした。

死体の状況を見れば、誰でもそう考えるだろう。

だがしかし、大学内には

安否の不明なものは誰もいなかったのだ。

ならば、一体この死体は誰なのか。

同じ時期に、双子の片割れである岨野 景(その あきら)は、
体調を徐々に崩しはじめ、大学生活が儘ならなくなってしまう。

そのタイミング、その挙動が薫に不審なものを感じさせ、

 

もしかしたら。もしかしたら、

景が事件と関わりがあるのではないか、と

疑心に陥る。

・・・とは書いたけれども、どうなるかは​不明です。フォントの力ってすごい。

​人物紹介

岨​野 薫(その かおる)

岨​野 景(その あきら)

佐々礼 英司(さざれ えいし)

©2018 by 綿野原. Proudly created with Wix.com